子供の脱毛

MENU

10代は成長期なので脱毛サロンはまだ早い


10代は成長期なので脱毛サロンはまだ早い

 

最近は、オシャレも低年齢化していて、10代で脱毛する子も少なくありません。しかし、10代と言えばまだ成長期なので、脱毛サロンはまだ早いです。成人前は体が成長期にある状態なので、体毛も成長中です。

 

そのため、10代で脱毛したとしても、また生えてくる可能性が高いです。脱毛サロンで脱毛するなら20歳を過ぎてから始める方がいいでしょう。今の時代、小学生から脱毛を受けている子も珍しくありません。

 

脱毛を始める場合、早ければ早いほど良いという人もいますが、それは間違いです。10代で脱毛すると、ホルモンバランスが不安定なので、ムダ毛が再生してくる可能性が高く、脱毛サロンでもあまり推奨していません。

 

10代で脱毛を受ける場合、親権者の同意書も必要です。ムダ毛の再生リスクがあり、両親の同意も得なければならないので、あまりおすすめできません。

 

10代は成長期なので、脱毛サロンはまだふさわしくありません。10代は我慢して、20代になってから脱毛サロンを利用するようにしましょう。脱毛サロンは、ホルモンバランスが安定し、ムダ毛再生の可能性が低くなる時期にさしかかってから利用すべきです。

ケガをさせないためにも子供自身にカミソリ処理させない

子供のムダ毛は気になるものです。子供の体毛が濃いと、学校に行った時、友達からからかわれるのではないか、そしてそれが発展していじめにつながるのではないかと親は心配になります。

 

本人が毛深いことを気にして、学校に行きたくないと言い出し、登校拒否にならないかと不安でいっぱいになります。子供自身、毛深いのが嫌で自己処理しようとするかもしれません。

 

でも、子供の肌は敏感なので、ムダ毛処理をする際、親は気をつけてあげないといけません。ケガをさせないためにも子供自身に、カミソリ処理はさせないことが大事です。

 

カミソリ処理は、子供でもカンタンにできるので、手軽な方法になりますが、大人でもカミソリ負けなどで肌が炎症を起こすので危険です。特に子供はまだ肌が成長過程なので、敏感でデリケートです。

 

子供が自身でカミソリ処理すると、ケガをする恐れがあります。肌を傷つけてしまってからでは遅いです。肌を傷つけて炎症を起こし、色素沈着になってしまっては大変です。

 

子供自身がカミソリ処理すると、肌を傷つけて出血してしまう可能性があるので、くれぐれもカミソリ処理させないようにしましょう。

プールの授業や体操服で気になる子供のムダ毛


プールの授業や体操服で気になる子供のムダ毛

 

プールの授業や体操服で気になるのが、子供のムダ毛です。夏らしい気候の日が増えてくると、子供も半袖などの夏服を着ることになり、水泳の授業では水着を着ることになります。

 

また、体操服を着る際、普段以上にムダ毛が気になります。そうした時、親は、子供のムダ毛処理について悩みはじめます。子供の毛深さを気にしている親は多く、全体の3割近くいます。

 

気にしていると答える親の割合は、子供の年齢に比例して高くなり、大学生になると半数を超えます。もちろん、親だけでなく、本人の子供も気にしています。当然、年齢がいくに従って気になる度合いも高くなります。

 

子供の毛深さを気にしている親は、男子の親が1割であるのに対し、女子の親は4割以上となっていて、男子より明らかに女子のほうが毛深さを気にしていることが浮き彫りになっています。

 

プールの授業や体操服で気になる子供のムダ毛ですが、年齢的に、まだ脱毛サロンでの脱毛は早いので、控えた方がよさそうです。子供がムダ毛で悩んでいたとしても、過剰な反応をしないよう心がける必要があります。

 


チルドブレッシュ